2015年3月3日火曜日

DELL Inspiron 11 2 in 1 3147を買ってHDDからSSDに換装したのでそのメモ。

久しぶりにノートパソコンを購入し、HDDからSSDへの換装を行ったのでメモしておきます。

今回購入したパソコンはDELLの「Inspiron 11 2 in 1 3000シリーズ 3147」というもの。

1~2年くらい前から?販売されているモデルのようですが、今回「Celeron N2840」という消費電力が低く、それなりの性能のCPUを搭載したモデルが発売されたので早速注文してみました。

値段は49,980円(税別)と決して同サイズの他メーカーのモデルと比べると安くは無いですが、本体の厚み19.4mmというサイズや、モニタのヒンジが特殊な形状で、キーボードが360度回ってモニタの裏まで来てタブレットの様に扱うことが出来き、さらにタブレットスタンドなしで自立できるという3点が気に入って購入しました。

本当は、13インチの「New XPS 13 Graphic Pro」が欲しかったのですが、このPCの3倍の値段なのであきらめました。

では、以下SSDへの換装手順です。



まずは念のため「Dell Backup and Recovery」を使ってリカバリディスクを作成しました。

続いて「EaseUS Todo Backup Free」でそこら辺に余っているSSDにHDDのクローンを作成。(対応しているSSDは7mmです。)
クローンから正常に起動し動作できれば非常に簡単です。

次に、HDDからSSDに入れ替えます。

この辺からオーナーズマニュアルをダウンロードして殻割の参考にし、本体を裏返し、9つのネジを外します。
(これはInspiron 11 2 in 1 3147です。2013年頃の3137など、モデルによってネジの数が違うようですね)


続いて、裏蓋を外すのですが、ここのツメが3箇所が非常に固くしっかりとはまっています。

空けてみるまで、どうなっているのか分からなくて、少し無理したら真ん中のツメが割れてしまいました。。。
この部分を解説しているサイトなどが無くてホントに残念でした。
SSDへの換装を行う際にはご注意ください。

あとは簡単です。
まずは写真左のの電源ケーブルを外し、
のテープ2箇所を剥がし、
のネジ3箇所を外してHDDを持ち上げ、
のSATAケーブルを外しHDDを取り外します。


4箇所のネジを外し、クローンを作ったSSDへと交換して逆の手順で元に戻します。

以上で終了です。

これだけで、非常に快適な環境になれました。

普段使用しているPC MacBook air 2013(Core i5、11万円くらい)と比較して、もたつき、カクツキなど、動作はさほど変わらない気がします。
Windowsというだけでプラスとマイナスの部分もあるのでなんともいえませんが、十分使用できそうです。

CFD販売 SSD 256GB 2.5inch TOSHIBA製 内蔵型 SATA6Gbps CSSD-S6T256NHG6Q
シー・エフ・デー販売 (2014-03-08)
売り上げランキング: 168

2 件のコメント:

  1. お世話になっております、記事参考にさせて頂いています。
    1点お聞きしたいのですが、裏蓋側のツメはどのような形状になっていますでしょうか。
    外側からかかっているのか、内側からかかっているのか。
    要は外側に引っ張りながら外すのか、内側に押し込みながら外すのかを気にしております。
    お手隙の際にでもお答え頂ければ幸いです。

    返信削除
    返信
    1. ご覧いただきありがとございます。
      返信が遅くなり申し訳ありません。

      詰めの形状ですが、2枚目の画像(真ん中のツメが折れている画像)の上の裏蓋側(ファンの吹き出し穴が開いている方)を手前に引いて、
      画像下の本体側を押すで、ツメが外れるはずです。

      確認のために再度外しましたが、わかっていても結構固く神経使いました。
      頑張ってください。

      削除